OVER35出産のリスクは『こころの準備』で減らせる

なぜ「こころの準備」でお産のリスクが減らせるのか お産は病気ではありません。生理現象です。生理現象は「こころ」次第でコントロールが効くといわれていますがまさにお産という生理現象も例外ではありません。 昔から「病は気から」というようにお産ほどこれがよく当てはまる言葉はないのではと感じています。 例えば… 陣痛が「痛い怖い」と思えば思うほど他の人が感じる何倍もの陣痛の痛みを感じます。これは研究で証明さ […]

【世界にひとつだけのあなたのプレグナントプラン】~あなた専用のお産トリセツ~とは

満足のいくお産のさらに上の状態を指す『最高のお産』それを実現するのが世界にひとつだけのあなたのプレグナントプランです。*プレグナントプランの詳細はこちら【OVER35出産になぜプレグナントプランは必要か】 そのためにはまずあなたを細かく分析します。 病院や産院等で行われる面談では短時間であなたのより深いところ(特にメンタル面)を知ることができません。そのため普段の健診で具体的なプレグナントプランを […]

OVER35出産になぜプレグナントプランは必要か

プレグナントプランとは リスクの少ない「安全」で「満足のいく」出産が迎えられその後の育児へもスムーズに移行できることを目指した妊娠期からの「こころとからだ」の具体的な準備計画のことです。 人それぞれ性格や体格が違うように個人に合わせたメンタルとフィジカルのバランスを妊娠期から整えることで出産・育児をより充実して迎えられることができます。 海外では名前や内容はそれぞれですが少子化が進む特に先進諸国で […]

良い事いっぱい『高齢出産』のメリット

はじめに 30代で出産するのが普通になってきた時代。OVER35で初めて出産する方も珍しくない世の中です。でも日本ではOVER35での出産(高齢出産)はデメリットばかりあげられ今の時代に合っていない情報がまだまだ多いなと感じます。 OVER35の出産って素晴らしい!素敵じゃない!そしたら私もまだまだがんばろう!そんな風に思える世の中になったら未来を担う子どもたちが増えるきっかけになるしもっと住みよ […]

あなたにとって『最高のお産』とは

あなたが思う『最高のお産』とはどのようなものですか? 楽に分娩ができることですか 赤ちゃんが無事に産まれてきてくれることですか? 旦那さんと一緒に出産を迎えられことですか? その答えは人それぞれです。 考え方 感じ方 人生感で違います。 どれも正解だし違うかもしれません。 その答え合わせは、 あなたがお産をしてから 他人ではなく「あなた自身がしていくもの」です。 お産の種類は全く関係ありません。 […]

妊娠期から育児期に飲んで損はない!オススメのサプリメント3選

はじめに 妊娠期はお腹の赤ちゃんのことを考え栄養を気にする方がほとんどです。お腹の中の赤ちゃんや母乳で育てている赤ちゃんはお母さんが口にしたもので栄養が左右されてしまいます。今回は、妊産褥婦さんにオススメのサプリメントと、妊娠から育児期までの疲労回復に強い味方の医薬品をご紹介します。 サプリメント3選 葉酸 葉酸は必須といって欲しいほど摂って頂きたいサプリメントになります。妊娠期のみならず妊娠を考 […]

ミルクを飲ませたい!赤ちゃんが「ミルクをよく飲んでくれる」方法

はじめに ミルクを飲んで欲しいのになかなか飲まない、量を飲んでくれない。哺乳瓶のゴム乳首を嫌がる。このような相談をたくさん伺います。その原因はお子さんの特徴や環境によって様々です。 赤ちゃんが早産で産まれた場合や新生児(産まれて1ヶ月未満)の場合は、飲む力が弱くうまく飲めなかったりします。また、母乳を飲んでいる子は乳頭混乱を起こしてしまい、ゴム乳首を嫌がる、またはうまく吸いつけないことがあります。 […]

断乳で乳腺炎にならないための簡単乳房ケア

はじめに 前回【簡単にできる「断乳」の方法】でお子さんの月齢によっての断乳方法とその具体策をお伝えしました。 断乳はお子さんのひとりの問題ではなく、お母さんもおっぱいにトラブルが発生しやすくなります。特に乳腺炎を併発しやすくなり、今までも辛い思いをする方達も多く見てきました。 断乳に際してお母さんのストレスを最小限にするためにも今回はスムーズに断乳行う際の、お母さんの乳房ケアについて具体的に紹介し […]

簡単にできる「断乳」の方法

はじめに 授乳の時間特に母乳を与える時間は、人生の中でもとても貴重な時間です。しかし、いつかは色々な理由で授乳を終えないといけない時はきます。お子さんが自然におっぱいにバイバイ(卒乳)できれば一番ですが、家族計画や家庭環境、お母さんの体の状況などで積極的に断乳をしないといけないこともあります。 私の場合、子どもの乳歯が生え歯痒さもあってからか、乳頭を噛まれるのことが多くなり、その痛さと傷が絶えなか […]

赤ちゃんの頭をまるく(見た目をきれいに)する方法

生まれてしばらくは、赤ちゃんの頭は凸凹していたり(骨重積)、いびつな形をしている(応形機能)のが当たり前です。詳しくは【なぜ赤ちゃんの頭は「丸くないの?」「デコボコしているの?」「へこみがあるの?」】へ赤ちゃんの頭の骨は柔らかいため、いろいろな形に変わります。逆を言えばいびつな形も丸くなりやすいのです。出産の時の頭の歪みは自然ととれていきますが、その後の寝方や過ごし方によって頭の後ろが平ら(絶壁頭 […]

1 6 12