「正中線」って何?妊娠中にお腹の中心に現れる黒い線の正体

「正中線」って何?妊娠中にお腹の中心に現れる黒い線の正体

妊娠中お腹が大きくなってくると
お腹の真ん中に「縦に走る黒い線」が
出現する方がいらっしゃいます。
この写真の妊婦さんのお腹にも、
おへそから下の方へ黒い線が出ていますね。

{38721D81-913F-4972-8DA5-89BB09438F9F}

気づいたらそれが出現してるものだから
びっくりされる妊婦さんも多く、
妊娠線ですか?と聞かれることもよくあります。
また、その線は出産が近づくにつれて
ますます濃ゆくなります。
そのため、一生消えないのでは?と心配される方もいます。

しかしそれは妊娠線でありません。
人間の体にある『正中線』が黒く浮き出たものです。
そして出産すれば跡形もなく消えてしまいます。

「正中線」とは

「正中線」とは、人のカラダの中心の線のことです。
人間の皮膚はお母さんのお腹の中にいる時、
体の側方から中央に向かって発達していきます。
その皮膚が最後に重なり合う(つなぎ目)がこの正中線です。

他の正中線がわかる体の部分として…
鼻の下のくぼみや、男性の陰嚢の中央のスジが代表的です。

この線の予防法ななく、保湿しても現れてしまいます。
しかし、出産すれば消えてしまう貴重なものなので
記念に写真に納めておく方もいるほどです。

普段なら見えないお腹の皮膚のつなぎ目が
妊娠期の色素沈着が進んでしまう時期に現れるのです。
とても不思議な現象ですよね。 
(なぜ妊娠期に色素沈着が進むのかは
【シミに注意!妊娠中に起きる色素沈着】で説明しています。)

正中線の出現はお腹が大きくなっている証拠です。
刻々と変わる自分の変化を楽しんで下さいね。

正中線予防クリーム

正中線は出産後ゆっくりと消失するものですが、
早く消失させたい方、出現を回避したい方は
お腹専用の美白保湿剤を使用すると効果があるといわれています。

参考までに妊婦さんの中で話題の正中線専用のクリームを紹介します。


無料メルマガを配信中
『妊娠・出産・育児』(バースライフ)が『楽』になる情報を
ゆったりペースでお届けしています。
本記事には書けていない『楽』になる豆知識や裏技も紹介してます!
こちらの【LINE友だち追加】で登録してください。

友だち追加

Instagramでも情報発信中

Instagram