助産師が教える正しい会陰マッサージの方法

助産師が教える正しい会陰マッサージの方法

会陰マッサージとは

経腟分娩で赤ちゃんが娩出する際、会陰裂傷が起きたり、また会陰の伸展が不十分等の理由で会陰切開を行う場合があります。(詳しくは「会陰切開・会陰裂傷とは?経腟分娩で起こりやすい傷とそのケアについて」へ)

「できれば会陰部の傷を作りたくない」と思う方は多いでしょう。そのためには会陰部の伸展を良くする必要があります。その方法として効果があると言われているのがこの会陰マッサージと呼ばれるものです。
その他にも会陰裂傷や会陰切開を防ぐための方法があります。(詳しくは「出産前にしてもらいたい 会陰切開や会陰裂傷を防ぐためにできること」へ)それらと併用してお産に臨むと、傷の少ない出産になる可能性が高くなります。

会陰マッサージの方法

会陰マッサージを行う前に

会陰マッサージを行う際には、必ず以下の事に注意し行ってください。
また、帝王切開の予定が決まっている方は実施しなくて大丈夫です。

開始時期

マッサージを始める時期は、ソフトなマッサージであれば32週ぐらい(妊娠9ヶ月)、ハードなマッサージであれば36週ぐらい(妊娠10ヶ月)から始めましょう。しかし、切迫早産傾向の方や、安静を余儀なくされている妊婦さんはハードなマッサージは正期産に入った37週以降から行ってください。

会陰部や手指を清潔にする

会陰マッサージは、必ず会陰部や手指を清潔にしてから行ってください。不潔な状態で行うと感染の可能性があり、切迫早産を引き起こしてしまう可能性があります。また、指の爪は短くしましょう。そうすることで、しっかり丁寧に会陰部のマッサージを行うことができます。もし爪で会陰部周辺の皮膚を傷つけてしまうと、これも感染の原因になりますので注意してください。

体を十分に温める

マッサージは、体を十分に温めた後に行うのが効果的です。そのため、入浴をした後がおすすめです。体が温まると皮膚にオイルが浸透しやすく、マッサージの際の痛みが生じにくくなります。また、十分にマッサージも行えるため会陰マッサージの効果が出やすくなります。
しかし、長風呂には注意してください。妊娠後期になると、長時間の入浴で貧血を引き起こしやすくなっています。5分から10分程度の入浴で済ませて行ってください。逆に、マッサージの際は湯冷めをしないように浴室をしっかり温めて行うようにしましょう。

使用するオイル

会陰マッサージにはオイルを使用して行います。使うオイルは、純度の高いオリーブオイル(エクストラバージンオイル)、太白ごま油、純度の高いバーユ、100%のカレンデュラオイル、スィートアーモンドオイル、植物系の純度が高いオイル等です。その中から、ご自分の肌にあったオイルを使用しましょう。最初どれを使ったらいいか分らないという方は、簡単にスーパー等で手に入りやすい、純度の高いオリーブオイルや太白ゴマ油をオススメします。量は、指が浸るぐらいの量をつけて行います。オイルの量が少なすぎると痛みが生じやすく、多いと肌への刺激が強く出る場合があります。

マッサージの頻度

正期産を迎えるまでは週に2~3回行ってください。正期産に入ったら、いつお産になってもいいように毎日行うのが理想的です。正期産以降のマッサージでは、陣痛も誘発できることも期待できます。しかし、体調がすぐれない場合はこの限りではありません。出来るときにしていきましょう。

会陰マッサージを行う際の体勢

立つ場合は、片足を椅子などにのせる姿勢を。立つの不安定だったりきつい場合は、両足で膝立をした後に、片足を立てる姿勢で行います。どちらの姿勢も頭を下げる形になりますので、長時間の同じ体勢は避けましょう。
また、欧米ではご主人にマッサージをしてもらうよう指導することも多いです。

初めての方はこちら:ソフトな会陰マッサージ法

担当の医師や助産師から、切迫早産やその他の理由で安静を指摘されておらず、妊娠32週に入られた方、また初めて会陰マッサージを行う方はこのソフトな会陰マッサージ法から行いましょう。
オイルを塗った手で会陰の部分を左右にUの字を書くようにマッサージをします。(左下図)この時、オイルが浸み込むよう意識するといいでしょう。その後オイルが皮膚に馴染んできたら、先ほどと同じ場所ををクルクルと円を描きながらマッサージします。(右下図)
だいたい3分~5分程、休憩をいれながら行ってください。

慣れてきた方はこちら:ハードな会陰マッサージ法

妊娠36週を迎えた方、また37週以降の正期産に突入された方はハードな会陰マッサージ法を行います。親指にオイルを浸み込ませ、膣内にゆっくり、第一関節辺りまで挿入します。

親指と外の4本の指を会陰越しに重ね、膣口を挟みながUの字にオイルを浸み込ませていきます。

親指を挿入した後、左図のように膣の下側を全体的に押し広げるように圧を加えていきます。

押し広げる際は、親指の力だけではなく、腕全体で親指に圧を加えると指を痛めることはありません。同じ方向を5回ずつ行い、徐々に場所を移動させていきます。途中、滑りが悪くなった場合はオイルを追加しましょう。

親指を挿入する際に痛みがある場合は、無理をしないようにしましょう。また、少しずつ行うことによって、日に日に挿入しやすくなるのを実感すると思います。ゆっくり慣れていきましょう。

まとめ

会陰マッサージは会陰の伸展を良くする効果のほかに、お産に対するイメージをつける効果もあります。会陰マッサージをしながら、「ここを押し広げて赤ちゃんが生まれてきてくれるだ」ということを考えると思います。その思考は、いざ出産するときにとても役に立ちます。実際お産の現場では、自分の体に起こっている変化が分らず無理にいきみ、会陰部に負担をかけてしまうことがよくあります。出産前から、自分の会陰部に意識をむけてあげることで、出産の際にも「マッサージした部分が今拡がってきているな、ここは力をいれずゆっくり呼吸した方がいいな」と自然に分るようになるのです。
是非会陰マッサージをしながら、お産にむけての心と体の準備をしていってくださいね。また、分らないことがあれば、かかりつけの施設の助産師に相談していきましょう。